スバル

最近のトラックバック

« 南国土佐でマリーンズ | トップページ | 大震災 »

将棋界の一番長い日2011

将棋界の一番長い日2011

◆(残留かかる)○丸山×渡辺●(名人戦挑戦権かかる)

◆(名人戦挑戦権かかる)○森内×久保●(残留かかる)

◆●谷川×郷田○

◆○三浦×木村●(残留かかる)

◆○高橋×藤井●(残留かかる)


毎年恒例の“将棋界の一番長い日”こと“第69回A級順位戦”が3月2日に行われました。

なんと半分が残留のかかったという状態。ハルは初めて見ました!
3勝4勝で競ってるなんて……。

そして名人戦挑戦権争いは渡辺竜王と森内九段に絞られました。どちらか片方が勝てばそのまま挑戦権を手にできますが、2人共勝てばプレーオフにもつれ込みます。


そんな緊迫した環境の中、地道高道さんは開始40分も前に将棋会館に到着したそうな……。早い!ギリギリで寝癖つけたまま駆け込む棋士も多い中(今回は三浦さんだけだったようですが/笑)、身だしなみもきちんとしていて大人です。さすがです。

その大人な高橋さんは見事勝ち、負けた藤井さんはB級1組に陥落決定です。
なんだかあんまり藤井さんの将棋をさせてもらえなかった感じでしたね。

三浦×木村戦は三浦さん勝利で、これまた木村さんB1陥落決定。残念。
ハル、木村さん好きなんですよね。うすらハゲてるけどかわいい!いやむしろ薄いところが萌え〜♪受けも素晴らしい!トークもおもしろい!解説も素人にもわかりやすい♪♪
だから来期は勝って、モテくんみたいにカッコよく1期でA級復活してほしいです。(まあ、B1も相当混戦ですがね…)

谷川×郷田戦はジリジリとやってたわりにはあっさりとタニー投了。ここは特に降級とかかかってなかったので、番組での扱いもあっさりでした(そしてハルの扱いもあっさり/笑)


今回一番吃驚したのは丸山さん。後半忽然と現れた後頭部の冷えピタ!!


なんじゃこりゃあああぁぁぁぁ!

驚愕です。
数年前の“もぐもぐ投了”に勝るとも劣らない奇天烈なシチュエーションに、たぶん司会者解説視聴者すべてが度肝を抜かれましたね。
さすが丸ちゃん!
頭を冷やす為なんじゃないか、というのは司会者も言ってたし想像できますが……後頭部に貼るかなー(笑)
ちなみに、少し経ったら頭頂部に移動してました……。

しかし頭を冷やしたのが功を奏したのか、初めての名人戦挑戦権を手に入れたい渡辺竜王に見事勝ち、残留を決めました。



となると、同じく名人戦挑戦権を争っていたウッティーはもう勝つしかありません!(もちろん当時は本人達は誰が勝ったとか知る由もありませんが)

二冠を戴く久保さんは“捌きのアーティスト”の通り名以上に攻めも巧みで、一番最後までもつれましたが、なんとかウッティー勝利!確か200手近く指してるはず……。ホント棋士って体力勝負ですねぇ。

ともあれ、ウッティーが羽生名人への挑戦権を得、藤井さんとキムキムがB1に降級という結果になりました。

名人戦は4月20・21日です。羽生×森内戦なんて、もうワクワクです♪3年ぶりくらいだっけ?非常に楽しみです!

あ、あと……久保さんが晩ごはんを注文して、お財布からお金を出してるのが妙に生々しかったです……。

« 南国土佐でマリーンズ | トップページ | 大震災 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋界の一番長い日2011:

« 南国土佐でマリーンズ | トップページ | 大震災 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

元ブログへのリンク

無料ブログはココログ