スバル

最近のトラックバック

« スペインW杯初優勝 | トップページ | 消しゴムで »

魍魎の匣

魍魎の匣

rodentさんがおもしろいと勧めてくださったので、早速読んでみました。

文庫でも恐ろしい厚さだったので非力なハルにはとても無理だと判断し(笑)、上中下に3分割された文庫版をチョイス。読む時期が遅いと、こういう特典があったりしてちょっとウレシイかも♪

ちょうど、というか、耳が不調で動けなかったので、ほぼ寝床で読み切りました(笑)3分割でホントよかったー!元のあの厚さじゃとても寝ては読めません。多分、通勤通学時とかに読みやすいように……とかの気配りの3分割なんでしょうが、ハルみたいなヘタレんぼー将軍にも弩ストライクでした。



で、やっぱり面白かった!

色々感想言いたいんだけども、黙して暫し浸っていたい……みたいな読後の、ずっしりと内容のある小説でした。
今さらハルなどが言わずとも知れているけども、やっぱり素晴らしいね!京極夏彦先生!満腹満腹!
でも重たいから「さあ、次の本!」とはなかなかいけませんけどね(笑)


ちなみにハルの妹は昔『姑獲鳥の夏』を勧めた時に1ページ目で挫折した強者です。
……挫折早すぎ……!




そういえば……久し振りに小説読んだかも……。『指輪物語』以来かな。あれもたいがい長かったけど、映画にはなってない部分や人物も結構あったし、すごくおもしろかった!ホビット万歳!

小学生の頃から学校の図書館によく借りに行ったりしたし、昔は本を結構たくさん読んでいたんですが、最近はサッパリでした。


やっぱり紙の媒体はいいですね♪またなんか読もうかな。

« スペインW杯初優勝 | トップページ | 消しゴムで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。もう読了されたとは速い!
実は私も京極堂シリーズは3作目『狂骨の夢』まででギブアップしました。
ただディープなファンからも『魍魎の匣』は最高傑作だとの意見は聞いています。

ちなみに3作目以降は更に厚みが増して、ほとんどサイコロのような形をしています。
電車の中で、カバーをかけて読んでいても、一目で「この人京極堂読んでる」とわかります。

rodentさん、ほんと素晴らしい本を教えて下さって感謝です♪ありがとうございます!
1度読み出してしまうと続きが気になってしまって、まさにむさぼるように読んでしまいました(笑)京極マジックですね~。
『姑獲鳥の夏』よりはラストがなんとなく救いがあったように思えました。ほう。


しかしあの厚さは試練に近い!(まさにサイコロですね/笑)持ち歩きが大変そう……。でもそれも含めファンは受け入れるんでしょうか。業が深いな、京極ファン。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魍魎の匣:

« スペインW杯初優勝 | トップページ | 消しゴムで »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

元ブログへのリンク

無料ブログはココログ