スバル

最近のトラックバック

« よさこい | トップページ | おかげでパセリ畑は完食です。 »

ホントにホントにおバカさん♪

ホントにホントにおバカさん♪
頭痛になる程ひどい口内炎やのに、友達とおいしいごはん食べに行ってたハルですこんばんは。
ごっさ痛くて味があまりわからないつーか痺れてます、舌(舌にできた)。

でもね、発見したんですよ!
アルコールが入れば痛みが薄れる!!
「一服盛られた?」とマスターに濡れ衣を着せたくなるくらい効果テキメン!!
吃驚仰天です。
飲んだのは“コーヒー牛乳”と書いて“カルアミルク”だけなんですけどね(笑)

お酒って身体の傷も心の傷も癒やしてくれるモノなんだなあ………ま、あくまでも一時的にですが(笑)

そのお陰でおいしいお料理も額面通りおいしく食べられたし、思うままいっぱいおしゃべりもできて(通常、痛くてまともにしゃべれない)、めっけもんでした♪楽しかったー♪♪
(=^▽^=)

さて、先日書いたように10、11、12日はよさこい祭り。
ありえない人ゴミでした。この人出が日々あれば、市街地の空洞化は防げたのにねぇ。
テンションの高い人だらけで街中も大変な事になってた。
そのあおりで地方車(じかたしゃ)に乗った人が重症の怪我を負う事故もありました。
テンション上がるのは仕方ないけど、冷静さと言うか最低限のモラルくらいは残しておかなきゃ……。
ハルも太古の昔、よさこいに参加してた時期もありましたが、祭り自体が今ほどトチ狂ってはなかったように感じます。
まあ祭りだからハメ外しちゃうのは充分理解できるけど……“大人”が少なくなったんかなあ?
全体的にそんな体たらくだから北海道に“よさこいソーラン”なんて横取りで持ってかれちゃうんだよ★


いろんな意味で、ちと情けない地元事情でした。

« よさこい | トップページ | おかげでパセリ畑は完食です。 »

コメント

ハルさん こんにちは
よさこい祭り、いいですね。
もう50年位前に土佐に初めて遊びに行ったのは、まだよさこい祭りも始まって間もない頃でした。
土佐清水に行ったのですが、そこのおかみさんが見学に行くのだと、旅行のいでたちでバスに乗っていったのを思い出しました。
ボクもそのあとすぐの見物をすることが出来ました。
当時のよさこい祭りは、もちろんたくさんの連があり賑やかではありましたが、極めて日本的な盆踊りの風情でした。
歌も振り付けも、それなりの統一が取れていて、跳ね回るといったことは期待できるようなものではありませんでした。
甲子園などでも高知の学校の応援などには、必ず応援団が鳴子両手に《よお踊る~》状態でした。
今ではすっかり、よさこいソーラン調になってしまったようですね。
民謡、盆踊り調を楽しむ人はどうなっているのでしょうか。
ボクも派手なパフォーマンスのほうが好きですが、おばあちゃんたちも楽しめる連はあったほうがいいようにも思います。

雲出川さん、こんにちは♪
よさこい祭りの創世記をご存知なんですね~!すごい!
ハルが参加してたのも、それこそもう20年以上前の話なんですが、その頃はまだ雲出川さんの知る盆踊り的な“正調”と呼ばれる踊りが主流でした。
この15年くらいで、ずいぶん派手なバカ騒ぎになってきましたね。
ほんと、雲出川さんのおっしゃる通り「あばあちゃん達も楽しめる」連があった方がいいし、なくちゃいけないと思います。若いもんはなっとらん!(何歳だ)

ちなみに、「よさこいソーラン」はもともと北海道の人が「よさこい教えて♪」って言ってきたのを「かまんで~」と手弁当で教えに行ったら、何年後かにはさも“北海道発!”という体で高知の断りなしに祭りにしちゃって吃驚!……といういきさつがあります。後にちょっと抗議したらしいんですが…。未だ北海道側は高知を立てる気配なし。
だから“よさこい”は北海道の祭り!と思ってる人も結構いて、それがすごく悔しいです。
雲出川さんみたいにちゃんと“よさこい”を知ってくれている方がいると、ほんとにうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホントにホントにおバカさん♪:

« よさこい | トップページ | おかげでパセリ畑は完食です。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

元ブログへのリンク

無料ブログはココログ